東尾理子さんも使用してる美的ヌーボについて

美的ヌーボって東野理子さんが使用しているということで知っている方も多いのではないでしょうか?特に妊婦さんだと葉酸を摂取する必要があるので購入されている人も多いでしょう。 - 高齢出産のリスクと確率を上げない方法

高齢出産のリスクと確率を上げない方法

結婚の晩婚化が進み、最近増えてきているのが高齢出産。
しかし、高齢出産には大きなリスクが伴うにもかかわらず、それに対する知識は未だに浸透しきっていないのが現状です。
そこで、高齢出産に関するリスクとその対策の一部を紹介していきたいと思います。

■ダウン症の確立が高くなる
高齢出産におけるリスクで最も有名なのがダウン症の子どもが産まれる確率が上がることです。
ダウン症には先天性奇形なども含まれていますが、これらは35歳以上を目安に確率が上がっていってしまいます。
ダウン症の確立は25歳で1352人に1人ですが、35歳では356人に1人と言われています。
お子さんが欲しいのはわかりますが、こういった可能性が高くなることは現実として知っておいてください。

■流産の確率が高くなる
高齢出産におけるリスクとして、流産の可能性が増えるというのもあります。
全妊娠の自然流産率が10~15%に対して、35歳以上では約20%とも言われています。
流産もダウン症も染色体異常により起こるものと言われています。

■葉酸を取ると確率を減らすことができる?
染色体異常の確率を下げることはできるのでしょうか?
現代の医学ではまだ、治療法は見つかっていません。しかし、確率を上げないようにする方法はあると言われています。
それが葉酸という栄養素の摂取です。
葉酸は細胞分裂する時に、重要な働きをする栄養素として知られており、葉酸の摂取量が少ないとダウン症の確立が上がると言われています。
そのため、普段の食事やサプリメントで葉酸を必要量摂取することがとても大事になります。

■高齢出産はリスクが高いというのは事実
これは実際に可能性の問題として、確率が高いのは事実です。そのためできる限り早いうちに出産するのが望ましい形と言えるのかもしれません。
しかし、これは確率の問題なので早く産めば大丈夫かというと、そういうわけでもありません。
出産のときはリスクを減らすために葉酸を欠かすことなく摂取するというのが年齢に関係なく必要なことだと言えます。

関連ページ