東尾理子さんも使用してる美的ヌーボについて

美的ヌーボって東野理子さんが使用しているということで知っている方も多いのではないでしょうか?特に妊婦さんだと葉酸を摂取する必要があるので購入されている人も多いでしょう。 - 先天性奇形を食事の面から予防するには?

先天性奇形を食事の面から予防するには?

これから産まれてくる赤ちゃん。
もちろん元気に何事もなく産まれてきてくれるのが一番ですよね。
しかし、現実にはそうでない赤ちゃんがいるのも事実です。
そこで今回は先天性奇形と、その対策を食事の面からお伝えしたいと思います。

■先天性奇形とは?
先天性奇形というのはお腹の中にいるときに身体の一部が正常に発達できず、赤ちゃんに奇形が生じてしまうことを指しています。
症状としてはダウン症が認知度が高いですね。
現在日本国内での先天性奇形の赤ちゃんの確率は4%、100人に4人の赤ちゃんが先天性奇形となっています。
原因は染色体異常による遺伝が2、3割ですが、残りの7、8割は未だに原因不明と言われています。
また、高齢出産の場合も可能性は高いと言われています。

■予防・対策はできるのか?
果たして先天性奇形を予防することは可能なのでしょうか?
産婦人科や厚生労働省でも言われているのは妊娠前から初期にかけて葉酸を多く摂るようにすることで先天性奇形の確立を下げることができると言われています。
葉酸の1日摂取量目安が400μgとされています。
これは妊娠してからでなく妊娠前から摂取することが重要なようです。もちろん、出産してしてからもしばらくは摂取することが望ましいです。
また、逆にビタミンAは摂取しすぎると先天性奇形の確率が上がってしまう可能性もあるので、ビタミンAは控えるようにしましょう。
特にレバーや肝などは妊娠中は我慢することをオススメします。

■効果的に摂取するには?
以上のように先天性奇形はまだまだ、原因不明な部分もありますが、葉酸を過不足なく摂取することで確率を下げることは可能です。
普段の食事だけで摂取量が不安な場合はサプリメントなどを食事の補助として取り入れるといいかもしれませんね!

関連ページ